駿河屋さんでゲームやゲーム機本体を売りました

もう使わないゲームやゲーム機本体がいくつかあり、駿河屋さんに売ることにしました。
駿河屋さんに決めた理由はネット上での口コミが買取価格が高いという声が多かったことと実際に査定価格を比べてみて買取価格が高いという確信が持てたからです。
詳しくは下記のブログが参考になります。
参考:『駿河屋』に売ってみた!

駿河屋さんでは送る方法が2つあり「かんたん買取」と「あんしん買取」で、送る際に送料が無料になるには条件があります。

あんしん買取の場合は見積もり額が3000円以上で、かんたん買取の場合は送る点数が30点以上で無料です。
最初の登録が少しだけ面倒ですが、一度登録すればあとは身分証明書のコピーと、申込書を同封するだけなので簡単です。
急いでいる方は直接査定をしてもらう「かんたん買取」の方が少し早く取引が終わります。

ゲームを送る時の注意事項として、しっかり動作確認する事が大切です。
見た目の綺麗さや箱の有り無しでも価格は大幅に変わります。
汚れやホコリなどはしっかり綺麗にしておくことで査定額が下がらずに済みます。

勿論ケースや取扱説明書などもあるに越したことはありません。
プチプチなども用意して、配送の際に壊れないようにしっかり梱包しましょう。

ゲーム機本体を送る時に気をつけたのは動作確認は当然のこと、周辺機器(アダプターやコントローラなど)の欠けが無いようにということです。
実はあるゲーム機のアダプターを紛失しており、本体だけの価格では売っても大幅に価格が下がることも有り、アダプターだけ別途購入して同梱しました。

動作確認も出来たので一石二鳥ですし、少しの欠けで半額以下になる所をわずかな出費で全て揃える事ができたのです。
おかげで箱なしだったにも関わらず、売値は1万円が付きましたので大満足です。

困ったのは家にスーパーファミコンの本体がなく、ソフトは大量にあったので一か八か価格が高めのものはそのまま確認せず送りました。
案の定いくつかは動作不良(本体の電池が切れている?)ため0円になってしまいました。
動作確認が出来ないゲームは値段に期待をしない、または送るのを諦めるほうが良いかもしれません。

ケースの割れ等はCDケースの蓋がそのまま使えるなら交換しても良いかもしれませんが、特別なケースの場合はそのせいで査定を引かれる場合もあるので注意が必要です。
CDソフトのケースのヒビなどは特殊ケースでもない限りはあまり査定には響かなかったです。
説明書の折れや、水分を含んでヨレてしまった物などは大幅に査定が下がってしまうので、ご注意下さい。