ヴァルキリープロファイル2 シルメリア

 裏切り行為の連続と主人公アリーシャとハーフエルフのルーファスとの恋物語です。いいえ横スクロール型RPGでした。やけに二人のイチャイチャ振りが鼻に付きます。シビアなシナリオですがセラフィックゲートというダンジョンが別にあってそこへ行けるように成ると楽しめるゲームです。声優陣も有名どころばかりです。

シルメリアという元ヴァルキリーがアリーシャの内に転生して、それを面白く思わないオーディン(池田秀一)がシルメリアの回収を現職アーリー(田中敦子)に命じ、命の危険を察したシルメリア(釘宮理恵)がアリーシャ(矢島晶子)を逃がすところから物語は始まります。

やり込んでも金儲けと、多少力や魔力強く成るだけでスキルは直ぐに覚えてしまって、さっさと本編を進めていった方が面白く、どっちかと言えばタイムトライアル派向きのRPGです。最終のボスだけ残し、強敵だらけのセラフィックゲートで力試しです。ルーファスを究極にまで強く出来れば、どんな敵が来ようとイチコロですが、少しでもヘマするとゲームオーバーに成ります。しかもセーブポイントが入り口にしか無いのです。其の分成長も早くLv60から一気にLv99も可能です。最深部から出口は遠く、急ぎの用が有りそうなら勿体ないからやめましょう。このダンジョンはパラレルワールドになっていて、シナリオのギャグ満載です。ここのやり込みも10回までが良い所で、其の時点で最強で最も不安定(?)な武器を手に出来ます。敵はどんどん強く成るし、あまり無理してまで取りに行く値打ちはないのですが、その頃には皆Lv99まで成長しているでしょう。

一番心に残っているシーンは、アリーシャが「魂が消えてしまうのって、どんな気持ちなんでしょうね?」とルーファスに尋ねる所で彼がいたたまれなくなって「やめてくれ!」と叫ぶところでしょうか。ラストシーンもかなり感動的でぐっときます。ゲームのタイトル